サプリメント用語・ユ

カテゴリ「サプリメント用語・ユ」の記事一覧

ユーカリ/ユキノシタエキス/ユビキノン/油溶性甘草



ユーカリ

ユーカリは、コアラの大好物。フトモモ科の植物。

ユーカリの葉からの精油成分には、清涼感のある香りがある。風邪や鼻づまりなど呼吸器系の症状を緩和する。気管炎症を鎮めたり、痰を除く作用もある。ユーカリはアロマテラピーでも利用される。

ユーカリにはその他に、消毒作用、関節炎、リウマチにも用いられる。




ユキノシタエキス

ユキノシタは、ユキノシタ科植物。ユキノシタエキスとは、ユキノシタの全草から抽出したエキス。

ユキノシタエキスは、タンニン、フラボノイド、糖、ミネラルを含む。ユキノシタエキスは、収れん作用、抗酸化作用、UV(紫外線)突然変異抑制作用、消炎作用、抗菌作用がある。ユキノシタエキスは、肌荒れやニキビを防ぐ目的で化粧品にも配合されている。メラニンの生成を抑え、色素の沈着を防ぐ働きある。




ユビキノン

ユビキノンとは、コエンザイムQ10のこと。

ユビキノンは、すべての生体活動のエネルギー源を作るために必要な物質。ユビキノンを補給すると、心臓の活動が良くなり、スタミナがアップし、むくみが改善される。心不全や血管梗塞、高血圧などの治療にもユビキノンは使用されてきた。ユビキノンにはその他に、肌のしわをとるなどの美肌効果もあり、美容・若返り、活性酸素にも働きかける。




油溶性甘草

油溶性甘草とは、グラブリジンのこと。甘草はマメ科多年草。

油溶性甘草エキスであるカンゾウフラボノイドには、美白効果が非常に高いグラブリジンや、ニキビに効果的な成分が含まれている。油溶性甘草エキスには、シミの元となるメラニンの生成を抑制する効果が高く、紫外線が肌に吸収されるのを防ぐ作用もある。ニキビ、ニキビ跡の改善にもすぐれている。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 15:29 | サプリメント用語・ユ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。