サプリメント用語・モ

もずく/モノラウリン/「森永カルダス」



もずく

もずくは、褐藻類の海草。もずくは、沖縄やトンガでとれる。

もずくの表面のぬるぬるの正体はアルギン酸とフコダインという食物繊維。動脈硬化の予防、高血圧の予防、糖尿病の予防などの高い健康機能がある。

もずくは、胃潰瘍の原因とされるピロリ菌に有効で、侵入を妨害し、胃壁の修復をする。がん細胞を消滅させる働きもある。





モノラウリン

母乳に含まれる脂肪酸には、強力な抗ウィルス作用があるが、その脂肪酸の一種をラウリン酸という。そこからモノラウリンという名称で販売されている抗ウィルス・サプリメント。

モノラウリンは、風邪やインフルエンザの症状に効果がある。





「森永カルダス」

トクホ(特定保健用食品)の商品名。森永乳業が商品化。乳酸菌飲料。

「腸に生きて届くビフィズス菌ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536の働きで腸内のビフィズス菌が増え、腸内環境を良好にし、おなかの調子を整えます。」という内容表示の許可を得る。

吸収されやすいミルクカルシウムは普通の牛乳の2倍、鉄分は5倍。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 15:45 | サプリメント用語・モ

モリブデン/モリンダ・シトリフォリア



モリブデン

モリブデンは、糖や脂質の代謝や、腎臓や肝臓の中の酵素を助けたり、鉄の体内での利用を高めるミネラル。

モリブデンには、貧血予防、尿酸生成の抑制、血液細胞の生成を助ける働きがある。
モリブデンは、麦、玄米、白米などの穀類、レバー、海草、豆類、納豆、乳製品、緑黄色野菜などに多く含まれる。





モリンダ・シトリフォリア

モリンダ・シトリフォリアとは、ノニの学名。アカネ科の熱帯植物。赤道付近の熱帯地方に自生する。ノヌとも呼ばれる。

モリンダ・シトリフォリアの果実は基本的にフルーツだが、18種類のアミノ酸、各種ビタミンやミネラルなど非常に多くの栄養素を持った強力なハーブフルーツ。モリンダ・シトリフォリアは、「奇跡のフルーツ」「驚異の果実」「神様からの贈り物」と言われる。

モリンダ・シトリフォリアは、免疫力向上、生活習慣病予防、抗ガン作用など健康増進、健康維持に優れた効果が得られる。ノニジュースやノニエキスから作ったサプリメントもある。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 15:42 | サプリメント用語・モ

モロヘイヤ/もろみ酢/モンクスフッド



モロヘイヤ

モロヘイヤは、シナノキ科の一年草。夏野菜。

モロヘイヤは、食物繊維を豊富に含み、βカロチン、ビタミンB1、B2、カルシウム、カリウムなど栄養価が高い。
モロヘイヤには、免疫活性化、がん予防、コレステロール低下作用、肥満予防などの効果がある。




もろみ酢

もろみ酢とは、沖縄の特産「泡盛」や焼酎のもろみからできた天然醸造酢。クエン酸やアミノ酸を豊富に含んでいる。

もろみ酢には、ダイエットや健康増進に役立つクエン酸・アミノ酸が豊富に含まれいて、代謝を促進して、しみなどを防ぎ、若々しい肌を保つ効果がある。
もろみ酢に含まれるアミノ酸は、ダイエットを促進する働き、脂肪燃焼効果などがあり、内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる働きがある。





モンクスフッド

モンクスフッドとは、トリカブトのこと。キンポウゲ科トリカブト属多年草。モンクスフッドの根は猛毒のアルカロイドを含む。
モンクスフッドには利尿作用、鎮痛作用、新陳代謝機能亢進作用、抗リューマチ作用、強心作用がある。モンクスフッドは、カゼやインフルエンザの初期に飲む薬にも配合されている。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 15:40 | サプリメント用語・モ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。