サプリメント用語・ホ

ホウ素/ホウセンカエキス/飽和脂肪酸



ホウ素

ホウ素とはミネラルの一種で、ビタミンDを活性化する。ボロンの和名。

ホウ素は、カルシウム、マグネシウムおよびリンの適切な新陳代謝に必要。ホウ素は脳機能を支え、健康な骨格形成と維持に有用。

ホウ素の栄養補給食品・サプリメントは、骨粗しょう症の予防になるので特に年齢が高い人に適している。




ホウセンカエキス

ホウセンカは、東南アジア原産の一年草でツリフネソウ科の植物。ホウセンカの全草から抽出したエキス。

ホウセンカエキスは優れた保湿効果を有するばかりでなく、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗かゆみ作用を併せもつ有用なハーブエキス。

ホウセンカエキスは、アレルギーやアトピーに対する抑制効果、あるいはメラニンの生成を抑える美白効果などを有する優れたスキンケア成分。




飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は、肉類の脂肪やバターなどの乳製品に多く含まれる。
これらの脂肪酸は人体の中では凝固しやすく、中性脂肪やコレステロールを増加させる作用があるため、動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳卒中などの生活習慣病にもつながる。肥満の原因にもなる。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 17:28 | サプリメント用語・ホ

ホエイ/ホーニーゴートウィード/北虫草(ほくちゅうそう)



ホエイ

ホエイは乳清ともいう。牛乳または脱脂粉乳からカゼイン (リンたんぱく質の一種) を除いた残りをホエイという。体力増強に役に立つ成分を含んでいます。

このホエイたんぱく質からMBP成分が見つかる。MBPは骨を丈夫にする作用があり、トクホ(特定保健用食品)でも認められた成分である。ホエイたんぱく質はガゼインよりもダイエット効果が高い。




ホーニーゴートウィード

ホーニーゴートウィードとは、ヤギの角草のこと。「曲がった角を持つヤギが食べる草」という意味。ホーニーゴートウィードはイカリソウともいう。

ホーニーゴートウィードは血圧を下げ、インポテンツを治す漢方薬。性ホルモン「テストステロン」の分泌を促進し、前立腺と生殖器周辺の筋肉の活性化に働く。





北虫草(ほくちゅうそう)

北虫草(ほくちゅうそう)とは冬虫夏草とほぼ同じ、チベット高原で初夏に芽を出すキノコの一種。

北虫草(ほくちゅうそう)は、オリンピックで中国の馬軍団の活躍以来有名になった。コウモリガの幼虫やトンボに寄生するキノコ。北虫草(ほくちゅうそう)はβ-グルカンやアミノ酸、ミネラルが豊富で、亜鉛やクロムなども含まれる。北虫草(ほくちゅうそう)には、免疫力の向上や抗ガン作用がある。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 17:26 | サプリメント用語・ホ

北虫草(ほくちゅうそう):北虫草 2g*30包/補酵素(コエンザイム)1



北虫草(ほくちゅうそう):北虫草 2g*30包


北虫草 2g*30包 は、徹底した温度コントロールのもと、厳選された培地で育成された高品質のキノコです。
「北虫草」は、世界中に約350 種類あるといわれる昆虫に寄生するキノコ(虫草類)のひとつです。代表的な虫草類とされる「冬虫夏草」と同様に、特有成分の虫草素(コルディセピン)、虫草酸(D-マンニトール)、虫草多糖(β-D-グルカン)をはじめ、亜鉛、セレンなどのミネラル、ビタミンや18種類のアミノ酸など多種成分を豊富に含んでいます。
1日摂取目安量2g単位の包装を30日分(約1ヶ月分)パックした簡易包装の徳用パック。お茶として、お酒につけて、料理の具材にするなど、お好みの方法でお召し上がりいただけます。

北虫草 2g*30包 北虫草 2g*30包





補酵素Q10

補酵素(コエンザイム)1とは、ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチドのこと。コエンザイム1とも呼ばれる。

補酵素(コエンザイム)1は、NADHまたはNADと略される。ナイアシンが変換されてできるビタミンの一種。
補酵素(コエンザイム)1は、全細胞中に存在するので、全身のエネルギー代謝を活発にする。
脳や神経システムに作用するので、時差ボケで眠くなるのを防いだり、脳の老化防止、アルツハイマー病の症状緩和の効果がある。補酵素(コエンザイム)1は加熱調理されるとほとんどが失われてしまう。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 17:23 | サプリメント用語・ホ

補酵素Q10/ボスウェリア/「ポスカム」



補酵素Q10

補酵素Q10とはコエンザイムQ10のこと。ユビキノンともいう。

補酵素Q10は、すべての生体活動のエネルギー源を作るために必要な物質。
補酵素Q10を補給すると、心臓の活動が良くなり、スタミナがアップし、むくみが改善される。
心不全や血管梗塞、高血圧などの治療にも使用されてきた。

補酵素Q10には肌のしわをとるなどの美肌効果もあり、美容・若返り、活性酸素にも働きかける。





ボスウェリア

ボスウェリアは、カンラン科の落葉高木。古代ハーブ薬の一つ。

ボスウェリアは関節炎などの炎症性の症状を緩和する効果、心臓病や心臓発作の予防、血中コレステロールや中性脂肪を下げる効果などがある。






「ポスカム」

トクホ(特定保健用食品)の商品名。江崎グリコが商品化。ガム。板ガムと粒ガムがある。

「リン酸化オリゴ糖カルシウムを配合しているので、口内を歯が再石灰化しやすい環境に整え、歯を丈夫で健康にする」という内容表示の許可を得る。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 17:21 | サプリメント用語・ホ

ホスファチジルコリン/ポタシウム/ホップ



ホスファチジルコリン

ホスファチジルコリンとはレシチンのこと。大豆リン脂質、卵黄レシチンとも呼ばれる。ホスファチジルコリンは、リン脂質の一種で、人の脳や神経組織の細胞膜を構成する重要な成分。サプリメントなどで「レシチン」と表示されてる場合はリン脂質混合物を指すことが多い。

ホスファチジルコリンは、動脈硬化や高血圧の予防、肥満解消に効果がある。肝臓のダメージを修復するので肝炎や肝硬変を改善する。認知症予防にも効果がある。





ポタシウム

ポタシウムとはカリウムのこと。ポタシウムは、細胞内に存在し、ナトリウムやカルシウムと共に、神経や筋肉の機能を正常に保ち、水分量やミネラルのバランスを維持する。ポタシウムには塩分を排出する働きがあるので、高血圧の予防になる。




ホップ

ホップはアサ科のつる性多年草。ビールの原料。
ホップは,ビールの苦みと泡を安定化させる働きがあり,薬理的には健胃作用,抗菌作用、鎮静作用があり、古代から薬用植物として利用されていた。ホップは糖尿病改善や血中脂質の代謝改善、高血圧の改善、肥満抑制、動脈硬化予防などへの利用が研究されている。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 17:12 | サプリメント用語・ホ

「ほね元気」/ホミカ/ポリデキストロース



「ほね元気」

トクホ(特定保健用食品)の商品名。ミツカンが商品化。ビタミンK2(メナキノン‐7)を含む納豆。

「納豆菌(Bacillus subtilisOUV23481株)の働きにより、ビタミンK2を豊富に含み、カルシウムが骨になるのを助ける骨たんぱく質(オステオカルシン)の働きを高めるように工夫されています」という内容表示の許可を得る。

「有機栽培大豆ほね元気」、「ほね元気 ひきわり」というシリーズ商品もある。





ホミカ

ホミカは、マチン(馬銭)・ストリキニンとも呼ばれる。マチン科ゲルセミウム属常緑高木。
ホミカは飲み過ぎからくる吐き気や胃の不調の治療に使われる。ホミカには少量のストリキニーネ(毒)が含まれる。胸焼け、けいれん、呼吸困難、硬直けいれん、精神錯乱、動悸などに処方される。




ポリデキストロース

ポリデキストロースは、 ブドウ糖から作られる水溶性の食物繊維で、穀類、いも類、豆類、野菜、海草などに含まれる。ポリデキストロースは、便通や腸内環境を改善する作用があるため、便秘・肥満・高血圧症・糖尿病・高脂血症等に効果がある。
ポリデキストロースを摂りすぎると下痢の症状をおこすことがあるので注意が必要。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 17:08 | サプリメント用語・ホ

ポリフェノール/ボロン/ホワートルベリー/ホワイトウィロウ



ポリフェノール

ポリフェノールは植物に含まれている成分で、強い抗酸化力がある。ポリフェノールは、植物が光合成を行うときに体内にできる物質を総称して呼ぶ。赤ワインに含まれるポリフェノールはプロアントシアニジン、お茶はカテキン、そばにはルチン、コーヒーにはクロロゲン酸、タマネギのケルセチン、ムラサキ芋のアントシアニンなどがポリフェノールとして有名。血液をサラサラにするので、高コレステロール、心臓病、ガンなどに効果があり、体脂肪の燃焼を促進するのでダイエット効果もある。血行が良くなるので、美肌効果もある。




ボロン

ボロンとはホウ素のこと。ボロンはミネラルの一種で、ビタミンDを活性化する。

ボロンは、カルシウム、マグネシウムおよびリンの適切な新陳代謝に必要。脳機能を支え、健康な骨格形成と維持に有用。ボロンの栄養補給食品・サプリメントは、骨粗しょう症の予防になるので特に年齢が高い人に適している





ホワートルベリー

ホワートルベリーとはビルベリーの別名。ホワートルベリーはブルーベリーの野生種で、ツツジ科低木性果樹。ホワートルベリーの成熟した果実はアントシアニンと呼ばれる栄養素の色で濃い青紫色になる。アントシアニンは、眼精疲労や眼の疲労感に有効であり、強力な抗酸化作用もある。コラーゲンを強化する作用や傷の回復を早める作用などもある。





ホワイトウィロウ

ホワイトウィロウの和名はセイヨウシロヤナギ。樹木。

ホワイトウィロウの樹皮から鎮痛効果を持つ成分が分離され、「サリシン」と名付けらた。この物質を元に、あの「アスピリン」が合成された。ホワイトウィロウは鎮痛剤として、頭痛、腰痛、神経痛、歯痛、打撲などに作用し、解熱作用もある。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 17:06 | サプリメント用語・ホ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。