サプリメント用語・ト

ドイツ・コミッションE/銅/糖アルコール/トウガラシ



ドイツ・コミッションE

ドイツ・コミッションEとは、日本の厚生労働省にあたるドイツ保健省が、全ての医薬品の安全性と効果を評価・承認するために設けられた16の専門委員会の1つ。ドイツ・コミッションEは、植物性の生薬と医薬品製剤を担当し、医薬品としてハーブを利用する場合の安全性と効果を評価や承認を行う委員会として1978年に設立された。
ドイツ・コミッションEは世界的な権威がある薬草研究機関。








銅は、体の中で、鉄の吸収を良くし、赤血球の構成要素であるヘモグロビン(赤血球の中にある酸素を運搬する物質)の合成を助けるミネラル。 銅は、活性酸素を除去する酵素のSODをはじめ、色々な酵素の構成成分となる。

銅が不足すると、貧血、骨粗鬆症を引き起こす。逆に、銅が過多になると、吐き気や肝障害を引き起こす。免疫機能や抗酸化機能がある。
一日当たりの摂取目安量に銅を0.5〜5ミリグラム含んでいる食品は「保健機能食品」(栄養機能食品)の表示が認められる。




糖アルコール

糖アルコールは、あめやガム、飲料水などの甘味料として利用されている。キシリトールが有名。

糖アルコールは胃や腸で消化・吸収されにくい糖質なので低カロリー。糖アルコールは、血糖値を急激に上昇させず、インスリンの分泌も刺激しないので糖尿病患者に適した甘味料。また糖アルコールは、虫歯菌の餌にならないので、虫歯の原因にならない甘味料。





トウガラシ

トウガラシは南アフリカ原産ナス科の一年草。

トウガラシの有効成分は辛味成分のカプサイシン。カプサイシンには脂肪燃焼、体温上昇と発汗、健胃などの作用がある。体脂肪の分解と燃焼が進むので、ダイエット効果がある。
ただし、トウガラシを取りすぎると胃壁を荒らすので要注意。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 20:16 | サプリメント用語・ト

糖アルコール/トウガラシ/トウキ(カラトウキ)/「糖健茶料」



糖アルコール

糖アルコールは、あめやガム、飲料水などの甘味料として利用されている。キシリトールが有名。

糖アルコールは胃や腸で消化・吸収されにくい糖質なので低カロリー。糖アルコールは、血糖値を急激に上昇させず、インスリンの分泌も刺激しないので糖尿病患者に適した甘味料。また糖アルコールは、虫歯菌の餌にならないので、虫歯の原因にならない甘味料。





トウガラシ

トウガラシは南アフリカ原産ナス科の一年草。

トウガラシの有効成分は辛味成分のカプサイシン。カプサイシンには脂肪燃焼、体温上昇と発汗、健胃などの作用がある。体脂肪の分解と燃焼が進むので、ダイエット効果がある。
ただし、トウガラシを取りすぎると胃壁を荒らすので要注意。





トウキ(カラトウキ)

トウキ(カラトウキ)はセリ科の植物。トウキ(カラトウキ)の中国産をカラトウキと呼ぶ。トウキ(カラトウキ)の根をそのまま、または湯通しして乾燥させたもの。

トウキ(カラトウキ)は、女性特有の様々な不調に効果があり、月経前症候群の緩和や、閉経期に女性ホルモンのバランスが崩れて起こる症状を和らげる。トウキ(カラトウキ)は婦人特有の便秘症、腰痛、手足の冷えやしびれにも利用される。





「糖健茶料」

トクホ(特定保健用食品)の商品名。サンスターが商品化。粉末清涼飲料。

「食物繊維(難消化性デキストリン)を含んでおり、糖の吸収をおだやかにするので血糖値の気になり
始めた方に適しています」  という内容表示の許可を得る。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 20:15 | サプリメント用語・ト

「豆鼓エキスつぶタイプ」/冬虫夏草(とうちゅうかそう)



「豆鼓エキスつぶタイプ」

トクホ(特定保健用食品)の商品名。

┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
┃血┃┃糖┃┃値┃┃が┃┃高┃┃め┃┃の┃┃方┃┃へ┃ 豆鼓エキスつぶタイプ
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┻━━━
 厚生労働省許可 特定保健用食品 だから 効果や安全性が認められています。
      ┌─────────────────────┐
        高めの血糖値をそのままにしていませんか? 
      └─────────────────────┘
  □□  飲みやすい錠剤タイプです! 大豆が原料だから安心! □□
↓↓↓ 血糖値管理は続けることが大切です。血糖値に関する情報はこちら! ↓↓↓

血糖値が高めの方に! 大豆の発酵食品「豆鼓」から作った、「豆鼓エキスつぶタイプ」





冬虫夏草(とうちゅうかそう)

冬虫夏草(とうちゅうかそう)は、コルジセプス、北虫夏ともいう。チベット高原で初夏に芽を出すキノコの一種。
冬虫夏草は、オリンピックで中国の馬軍団の活躍以来有名になった。コウモリガの幼虫やトンボに寄生するキノコ。冬虫夏草には、β-グルカンやアミノ酸、ミネラルが豊富で、亜鉛やクロムなども含まれる。冬虫夏草(とうちゅうかそう)には免疫力の向上や抗ガン作用がある。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 20:11 | サプリメント用語・ト

冬虫夏草(とうちゅうかそう):冬虫夏草 30ml*10本入/凍頂烏龍茶/「豆乳で作ったヨーグルト」/毒ウルシ



冬虫夏草(とうちゅうかそう):冬虫夏草 30ml*10本入

冬虫夏草 30ml*10本入 には、冬虫夏草の中でも最も効果があるといわれるコルディセプスシネンシス菌より、さらに厳選した8819株を独自に培養して抽出したエキスを配合しています。本品1ビンで冬虫夏草7本分相当の抽出エキスが含まれています。また、口当たりが良く大変飲みやすく仕上げてあります。
スタミナをつけたい方、スポーツを楽しむ方、ストレス社会をうまく乗り切りたい方を強力にサポートします。

冬虫夏草 30ml*10本入 冬虫夏草 30ml*10本入




凍頂烏龍茶

凍頂鳥龍茶とは台湾高級烏龍茶の中でも最も人気の高い品種のひとつ。

凍頂烏龍茶に多く含まれるメチル化カテキンには、強力なアレルギー抑制作用があり、鼻水やくしゃみの原因となるヒスタミンを抑制するので、花粉症等を抑える働きがり、その上、即効性もある。




「豆乳で作ったヨーグルト」

トクホ(特定保健用食品)の商品名。トーラク株式会社が商品化。はっ酵豆乳食品。プレーンとフルーツ味がある。

「豆乳を原料とし、血清コレステロールを低下させるはたらきがある大豆たんぱく質を摂取しやすいように工夫されているので、コレステロールが気になる方の食生活の改善に役立ちます」   という内容表示の許可を得る。





毒ウルシ

ウルシ科の植物(ウルシ、ツタウルシ、毒ウルシなど)にはウルシオールという油性成分が含まれる。

関節が炎症をおこしたり、スポーツによるケガなどで、腫れて痛み、動作によって症状が緩和するときには、毒ウルシがよく効く。毒ウルシは、帯状疱疹や水痘の症状を緩和するのにも利用される。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 20:09 | サプリメント用語・ト

特定保健用食品/トクホ/トケイソウ/ドコサヘキサエン酸



特定保健用食品

特定保健用食品とは、トクホと呼ばれるが、「食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品」であり、栄養改善法第12条第1項に基づき、厚生大臣の許可を受けなければならないものとされている食品のこと。

特定保健用食品は、効用や用途別に分類されており、商品内容の表示によりそれらがわかるようになっている。




トクホ

特定保健用食品とは、トクホと呼ばれるが、「食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品」であり、栄養改善法第12条第1項に基づき、厚生大臣の許可を受けなければならないものとされている食品のことをトクホという。

トクホは、効用や用途別に分類されており、商品内容の表示によりそれらがわかるようになっている。





トケイソウ

トケイソウとは、パッションフラワーの和名。トケイソウは、トケイソウ科の多年生つる植物。
トケイソウは、ドイツで不眠症と神経質の治療での使用が公認されているハーブ。トケイソウには、鎮静作用、抗不安作用、精神安定作用、けいれんを弱める作用などがある。





ドコサヘキサエン酸

ドコサヘキサエン酸(DHA)は人間の体内では合成することができない必須脂肪酸で、魚油に含まれる。
ドコサヘキサエン酸(DHA)は、人間の体では脳細胞に多く存在し、脳細胞内のDHA量が減ると、機能が低下して情報伝達がスムーズにいかなくなり、乳幼児の脳や神経の発達が悪くなったり、老化による学習能力や視力の低下を招いたりすることがわかっている。
そのほか、血栓ができるのを防いだり、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす。動脈硬化、アトピーや花粉症などのアレルギー、高血圧、ガンなどの予防、改善効果がある。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 20:06 | サプリメント用語・ト

ドコサヘキサエン酸(DHA)含有精製魚油食品/トコトリエノール/トコフェロール/「杜仲源S」



ドコサヘキサエン酸(DHA)含有精製魚油食品

JHFAマークの認定機関である「財団法人 日本健康・栄養食品協会」(JHNFA)が、安全性など一定の基準を設けている健康補助食品の一つ。

ドコサヘキサエン酸(DHA)は人間の体内では合成することができない必須脂肪酸で、魚油に含まれる。
ドコサヘキサエン酸(DHA)は、人間の体では脳細胞に多く存在し、脳細胞内のDHA量が減ると、機能が低下して情報伝達がスムーズにいかなくなり、乳幼児の脳や神経の発達が悪くなったり、老化による学習能力や視力の低下を招いたりすることがわかっている。
そのほか、血栓ができるのを防いだり、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす。動脈硬化、アトピーや花粉症などのアレルギー、高血圧、ガンなどの予防、改善効果がある




トコトリエノール

トコトリエノールはビタミンEの成分の一種。トコトリエノールはトコフェロール同様ビタミンE群の一部分で、α、β、γ、δの4種類がある。
トコトリエノールは、小麦胚芽から発見された脂溶性のビタミン。トコトリエノールには、強い抗酸化作用があり、美肌効果、コレステロール値を下げる作用、動脈硬化を抑え心臓病や脳卒中を防止する効果などがある。




トコフェロール

トコフェロールはビタミンEの成分の一種。トコフェロールには、α、β、γ、δの4種類がある。トコフェロールは強い抗酸化力を持ち、油に溶けやすく、体内の油(細胞膜など)の中に溶け込んでその酸化を防ぐ。油以外にもビタミンA、C及びシステイン、メチオニンの酸化も防ぐ。トコフェロールのこの作用により動脈硬化を抑え、心臓病や脳卒中を予防すると考えられている。




「杜仲源S」

トクホ(特定保健用食品)の商品名。小林製薬が商品化。杜仲茶エキス配合の清涼飲料水。

「杜仲茶配糖体を含み、血圧が高めの方に適する」という内容表示の許可を得る。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 20:02 | サプリメント用語・ト

杜仲茶/トリカブト/トリパラ/トリファラ



杜仲茶

杜仲茶とは、中国の落葉樹で漢方薬として広く知られている「杜仲」の葉を茶葉にしたもの。
杜仲茶の成分には副作用がなく、主な成分としては、グッタペルカ、アルカロイド、ペクチン、ビタミンC、タンニン、ピノレジノール、ジグルコサイド、ゲニポシド酸などを含む。
杜仲茶に含まれるゲニポシド酸には、血圧の上昇を抑える作用がある。さらに杜仲茶には体脂肪を減少させる作用がありダイエットにも効果的である。
杜仲茶にはカリウムが含まれているため、カリウムの摂取に制限がある場合は注意が必要である。




トリカブト

トリカブトとは、モンクスフッドのこと。キンポウゲ科トリカブト属多年草。トリカブトの根は猛毒のアルカロイドを含む。
トリカブトには利尿作用、鎮痛作用、新陳代謝機能亢進作用,抗リューマチ作用,強心作用がある。トリカブトは、カゼやインフルエンザの初期に飲む薬に配合されている。





トリパラ

トリパラは、インド伝統医学アーユルヴェーダでは通じ薬として、そして結腸の組織を回復させるために何千年もの間使われてきたハーブ。トリパラはトリファラとも呼ばれる。
トリパラとは、3つの果実(ハリタキ、ビビタキ、アマラキ)を感想させたもので、ハリタキは腸を刺激し、ビビタキは結腸から毒素をきれいに出し、アマラキは結腸の水分のバランスを保ち、強壮剤として働くと伝統的に知られている。トリパラは腸を整えて、便秘を解消する。





トリファラ

トリファラは、インド伝統医学アーユルヴェーダでは通じ薬として、そして結腸の組織を回復させるために何千年もの間使われてきたハーブ。
トリファラはトリパラとも呼ばれる。

トリファラとは、3つの果実(ハリタキ、ビビタキ、アマラキ)を乾燥させたもので、ハリタキは腸を刺激し、ビビタキは結腸から毒素をきれいに出し、アマラキは結腸の水分のバランスを保ち、強壮剤として働くと伝統的に知られている。

トリファラは腸を整えて、便秘を解消する。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 19:56 | サプリメント用語・ト

トリプトファン/トリメチルグリシン/トレチノイン/トレチノイン



トリプトファン

トリプトファンは、体内で合成することのできない必須アミノ酸のひとつで牛乳から発見された。
トリプトファンはタンパク質生合成の材料となり、肝臓、腎臓で分解されエネルギー源となる。さらにトリプトファンは脳の中では鎮静作用を持つ精神伝達物質のセロトニンに変わり、松果体では睡眠誘導体ホルモンのメラニンに変わるので、催眠、精神安定などの作用を及ぼす。
トリプトファンを摂りすぎると肝臓に悪影響を与えることがある。





トリメチルグリシン

トリメチルグリシンとはベタインのこと。トリメチルグリシンは、ビーツやブロッコリー、ホウレソウなどに含まれる天然物質。
トリメチルグリシンにはホモシステインの値を下げる効果があるため、心臓病の危険性を減らし、ガンやアルツハイマー病やうつ病などに有効である。トリメチルグリシンは保水力が高いため、化粧品などにも配合されている。




トレチノイン

トレチノインとはスレオニンのこと。トレチノインは人間の体内では合成できない必須アミノ酸。トレチノインは、卵、七面鳥、スキムミルク、ゼラチンなどに多く含まれる。トレチノインは、コラーゲンの材料になり、肝臓への脂肪の蓄積を予防し脂肪肝になるのを防ぐ働きがある。小腸の働きを高めて消化吸収を良くし、新陳代謝を促進させる。トレチノインが不足した場合には、食欲不振、貧血、成長阻害、体重減少などの症状があらわる。




トレチノイン

トレチノインとはレチノイン酸のこと。トレチノインはビタミンAの誘導体。
トレチノインは、細胞を増やす働きがあり、皮膚の表皮を厚くし、コラーゲンの産生を促す。肌がハリを持つようになり、シワが徐々になくなっていく。トレチノインは、シワ、シミ、ニキビの治療薬として使われる。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 19:55 | サプリメント用語・ト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。