サプリメント用語・エ

エイコサペンタエン酸

エイコサペンタエン酸
エイコサペンタエン酸は魚介類に含まれる脂肪成分で、健康にいい良質の脂肪酸(オメガ3系の多価不飽和脂肪酸)が大量に含まれている。エイコサペンタエン酸は、EPAと略される。
エイコサペンタエン酸は、血小板の凝固を抑えて、血液をさらさらにするので、動脈硬化などを防ぐ。青魚に多く含まれる。エイコサペンタエン酸には、糖尿病の合併症の解消、がんの発生や増殖を抑える効果、心疾患、脳血管障害、高脂血症、高血圧などの疾病に効果が期待できる。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 22:25 | サプリメント用語・エ

栄養機能食品/栄養機能食品(亜鉛)

栄養機能食品
平成13年に制度化された 「保健機能食品制度」で、サプリメントや食品を対象にし、「栄養機能食品」と「特定保健用食品」の2つに分類される。
1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が基準に適合している場合、その栄養成分の機能や効能の表示ができる。カルシウムや亜鉛などのミネラル類や各種ビタミン類などの栄養成分に、規格基準が定められている。

栄養機能食品(亜鉛)
栄養機能表示:味覚を正常に保つ、皮膚や粘膜の健康維持を助ける、たんぱく質・核酸の代謝に関与して健康維持に役立つ栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:3-15mg。
注意:亜鉛の摂りすぎは銅の吸収を阻害する恐れがありますので、過剰摂取にならないよう注意してください。
栄養機能食品(亜鉛)
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 22:23 | サプリメント用語・エ

栄養機能食品(カルシウム)/栄養機能食品(鉄)/栄養機能食品(銅)

栄養機能食品(カルシウム)
栄養機能表示:骨や歯の形成に必要な栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:250-600mg。
 栄養機能食品(カルシウム)

栄養機能食品(鉄)
栄養機能表示:赤血球を作るのに必要な栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:4-10mg。
  栄養機能食品(鉄)

栄養機能食品(銅)
栄養機能表示:赤血球の形成を助け、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:0.5-5mg。
注意:乳幼児・小児は摂取を避けてください。
 栄養機能食品(銅)
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 22:21 | サプリメント用語・エ

栄養機能食品(マグネシム)/栄養機能食品(ナイアシン)/栄養機能食品(パントテン酸)

栄養機能食品(マグネシム)
栄養機能表示:骨や歯の形成に必要で、体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助け、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:80-300mg。
注意:多量に摂取すると軟便(下痢)になることがあります。乳幼児・小児は摂取を避けてください。
 栄養機能食品(マグネシム)

栄養機能食品(ナイアシン)
栄養機能表示:皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:5-15mg。
 栄養機能食品(ナイアシン)

栄養機能食品(パントテン酸)
栄養機能表示:皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:2-30mg。
 栄養機能食品(パントテン酸)
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 22:18 | サプリメント用語・エ

栄養機能食品(マグネシム)/栄養機能食品(ナイアシン)/栄養機能食品(パントテン酸)

栄養機能食品(マグネシム)
栄養機能表示:骨や歯の形成に必要で、体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助け、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:80-300mg。
注意:多量に摂取すると軟便(下痢)になることがあります。乳幼児・小児は摂取を避けてください。
 栄養機能食品(マグネシム)

栄養機能食品(ナイアシン)
栄養機能表示:皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:5-15mg。
 栄養機能食品(ナイアシン)

栄養機能食品(パントテン酸)
栄養機能表示:皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:2-30mg。
 栄養機能食品(パントテン酸)
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 22:16 | サプリメント用語・エ

栄養機能食品(ビオチン)/栄養機能食品(ビタミンA)/栄養機能食品(ビタミンB1)

栄養機能食品(ビオチン)
栄養機能表示:皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:10-500μg。
 栄養機能食品(ビオチン)

栄養機能食品(ビタミンA)
栄養機能表示:夜間の視力の維持を助けるとともに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:180-600μg(35-200IU)。
注意:妊娠3ヶ月以内または妊娠を希望する女性は過剰摂取にならないよう注意してください。
 栄養機能食品(ビタミンA)

栄養機能食品(ビタミンB1)
栄養機能表示:炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量は0.3-25mg。
 栄養機能食品(ビタミンB1)
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 22:14 | サプリメント用語・エ

栄養機能食品(ビタミンB2)/栄養機能食品(ビタミンB6)/栄養機能食品(ビタミンB12)

栄養機能食品(ビタミンB2)
栄養機能表示:皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量は0.4-12mg。
 栄養機能食品(ビタミンB2)

栄養機能食品(ビタミンB6)
栄養機能表示:たんぱく質からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量は0.5-10mg。
 栄養機能食品(ビタミンB6)

栄養機能食品(ビタミンB12)
栄養機能表示:赤血球の形成を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量は0.8-60μg。
 栄養機能食品(ビタミンB12)
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 22:12 | サプリメント用語・エ

栄養機能食品(ビタミンC)/栄養機能食品(ビタミンD)/栄養機能食品(ビタミンE)

栄養機能食品(ビタミンC)
栄養機能表示:皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。
一日あたりの摂取目安量は35-1000mg。
 栄養機能食品(ビタミンC)

栄養機能食品(ビタミンD)
栄養機能表示:腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量は0.9-5.0μg(35-200IU)。
 栄養機能食品(ビタミンD)

栄養機能食品(ビタミンE)
栄養機能表示:抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量は3-150mg。
 栄養機能食品(ビタミンE)
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 22:09 | サプリメント用語・エ

栄養機能食品(葉酸)/栄養機能食品(β-カロテン)/栄養所要量

栄養機能食品(葉酸)
栄養機能表示:赤血球の形成を助けるとともに、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。
一日あたりの摂取目安量は70-200μg。
注意:胎児の正常な発育に寄与する栄養素ですが、多量摂取により胎児の発育がよくなるものではありません。
 栄養機能食品(葉酸)

栄養機能食品(β-カロテン)
栄養機能表示:夜間の視力の維持を助けるとともに、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。
一日あたりの摂取目安量:180-600μg(35-200IU)。
 栄養機能食品(β-カロテン)

栄養所要量
平成12年4月から「第6次改定日本人の栄養所要量」が実施されている。1969年に策定されて以来、5年ごとに改定されてきた。
飽食の時代に対応して、栄養のとり過ぎ、あるいは生活習慣病の予防に
主眼が置かれている。エネルギー、たんぱく質、脂質、食物繊維とビタミン各種、ミネラル各種の栄養成分について栄養所要量が策定された。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 22:06 | サプリメント用語・エ

栄養補助食品/ABPS:姫グルカン 3g*30包

栄養補助食品
栄養補助食品は、「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品」と定義される。
厚生労働大臣が定めた特定の栄養成分が基準量含まれていれば、販売
企業の判断で「保健機能食品(栄養機能食品)」と称して販売できる。
現在は、ビタミン類12種類とミネラル類2種が該当する。

ABPS:姫グルカン 3g*30包
姫グルカン 3g*30包 は、ヒメマツタケの子実体を独自の方法で細胞壁破砕し、消化吸収しやすいようにした健康補助食品です。100%純粋のローヤルゼリーやハチミツ、ビタミンCも混合し、飲みやすい小粒に仕上げました。1包で1500mgのヒメマツタケ子実体が摂取できます。
原材料のヒメマツタケは、種菌株(岩出101株)で栽培した国産の高品質を使用しています。毎日の健康維持にお役立てください。
姫グルカン 3g*30包 姫グルカン 3g*30包
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 22:03 | サプリメント用語・エ

AHCC/「エージーエフ ビタホット」/「エース」

AHCC
AHCCとは、日本語に訳すと「活性化糖類関連化合物」のこと。札幌市のアミノアップ化学が製品化。複数のキノコの菌糸体(根に当たる部分)を培養して生産する機能性食品。
AHCCには、免疫システムを強化する働きがあり、抗ガン作用がある。
AHCCにはアセチルα-グルカンという多糖類が含まれ、これは他のキノコ系健康食品には含まれない物質で、AHCC独自の有効成分。

「エージーエフ ビタホット」
トクホ(特定保健用食品)の商品名。味の素ゼネラルフーヅ が商品化。粉末清涼飲料。
「食物繊維(難消化性デキストリン)を含んでおり、おなかをすっきりさせます」
という内容の表示許可を得る。

「エース」
トクホ(特定保健用食品)の商品名。明治乳業が商品化。清涼飲料。
「バリルチロシンを含むサーデンペプチドを配合し、血圧が高めの方に適する」 という内容の表示許可を得る。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 22:01 | サプリメント用語・エ

エキナケア/エキナシア/エキナセア

エキナケア
エキナケアとは、エキナシア、エキナセアのこと。キク科の多年草。
エキナケアには、抗ウイルス、免疫強化、殺菌消毒、抗感染作用などがある。エキナケアは、免疫機能を高めることにより、風邪、インフルエンザなどの感染に効果があるとされる。エキナケアの根や葉をハーブティーとして利用する。

エキナシア
エキナシアとは、エキナケア、エキナセアのこと。キク科の多年草。
エキナシアには、抗ウイルス、免疫強化、殺菌消毒、抗感染作用などがある。エキナシアは、免疫機能を高めることにより、風邪、インフルエンザなどの感染に効果があるとされる。エキナシアの根や葉をハーブティーとして利用する。

エキナセア
エキナセアとは、エキナケア、エキナシアのこと。キク科の多年草。
エキナセアには、抗ウイルス、免疫強化、殺菌消毒、抗感染作用などがある。エキナセアは、免疫機能を高めることにより、風邪、インフルエンザなどの感染に効果があるとされる。エキナセアの根や葉をハーブティーとして利用する。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 21:58 | サプリメント用語・エ

「エコナクッキングオイル」/エゴマ/「エコライフ」

「エコナクッキングオイル」
トクホ(特定保健用食品)の商品名。花王が商品化。食用調理油。
「ジアシルグリセロールを主成分としているので、他の食用油と比較し、食後の血中中性脂肪が上昇しにくく、しかも体に脂肪がつきにくいのが特徴です」という内容表示の許可を得る。
「エコナマヨネーズタイプ」「エコナヘルシー&ヘルシークッキングオイル」「エコナ ドレッシングソース」「エコナヘルシー&ヘルシークッキングオイル 炒め専用」「エコナヘルシー&ヘルシークッキングオイル ビタミンE入り、炒め専用ビタミンE入り」などがある。

エゴマ
エゴマは、シソ科の一年草。形態はシソによく似ている。
エゴマ油はエゴマの種子から取るが、アルファリノレン酸を多く含むので、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の抑制や血液をサラサラにする効果がある。エゴマには抗ガン作用もあり、ダイエットにも有効である。

「エコライフ」
トクホ(特定保健用食品)の商品名。ミル総本社が商品化。乳酸菌飲料(殺菌)。
「イソマルトオリゴ糖を原料とし、ビフィズス菌を増やして腸内の環境を保つので、お腹の調子に気をつけている方に適する」という内容の表示許可を得る。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 21:56 | サプリメント用語・エ

Sアデノシルメチオニン/エスターC/エストロゲン

Sアデノシルメチオニン
Sアデノシルメチオニンとは、SAMe(サミー)のこと。Sアデノシルメチオニンは体内のほぼ全細胞に自然に発生する物質で、様々な生理物質の合成に欠かせない成分。炎症や痛みを抑える、肝機能の向上、有害物質の排出などの効果がある。Sアデノシルメチオニンは、通常は体内で十分に生成され不足することはないが、加齢により減少するので、補う必要がある。

エスターC
エスターCは、体への吸収を考え加工されたビタミンCのことで、アメリカで開発された。エスターCは中性PH7なので胃に負担をかけたり、下痢を引き起こす要因になることがない。エスターCには、抗ストレス、抗酸化などの作用があり、皮膚への吸収力も高いので、日焼けトラブルやシワ対策の化粧品などにも配合される。

エストロゲン
エストロゲンは、女性の健康を守る上で欠かせないホルモンで、更年期以降、分泌が急激に減少し始め、抑うつ感やイライラ、不眠、頭痛、倦怠感など様々な更年期症状の原因となる。エストロゲンには、乳ガンと子宮ガンを引き起こす危険性もあるため、大豆イソフラボンなどの植物性エストロゲンが期待されている。エストロゲンには、女性らしい丸みのある体を作り、コラーゲンの再生能力を高めるなどの働きもある。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 21:53 | サプリメント用語・エ

エゾウコギ/エゾウコギ食品

エゾウコギ
エゾウコギは、チョウセンニンジン・高麗ニンジンと同種のウコギ科植物。シベリアジンセン、シベリアニンジンともいう。
エゾウコギの根には、食物繊維・カルシウムや、イソフラキシジン・エレウテロサイド等の成分が含まれ、これらの成分が抵抗力を増し、全身の免疫力強化や、体力増強に作用し、精神の安定や抗ストレス、脳機能も活性化する働きがある。

エゾウコギ食品
JHFAマークの認定機関である「財団法人 日本健康・栄養食品協会」(JHNFA)が安全性など一定の基準を設けている健康補助食品の一つ。
エゾウコギの根、根茎および茎を含む食品。エゾウコギは、チョウセンニンジン・高麗ニンジンと同種のウコギ科植物。シベリアジンセン、シベリアニンジンともいう。エゾウコギの根には、食物繊維・カルシウムや、イソフラキシジン・エレウテロサイド等の成分が含まれ、これらの成分が抵抗力を増し、全身の免疫力強化や、体力増強に作用し、精神の安定や抗ストレス、脳機能も活性化する働きがある。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 21:51 | サプリメント用語・エ

エゾコウギ/エッセンシャルオイル/N−アセチルシステイン

エゾコウギ
エゾコウギは、エゾウコギのこと。エゾコウギは、チョウセンニンジン・高麗ニンジンと同種のウコギ科植物。シベリアジンセン、シベリアニンジンともいう。
エゾコウギの根には、食物繊維・カルシウムや、イソフラキシジン・エレウテロサイド等の成分が含まれ、これらの成分が抵抗力を増し、全身の免疫力強化や、体力増強に作用し、精神の安定や抗ストレス、脳機能も活性化する働きがある。

エッセンシャルオイル
エッセンシャルオイルとは、精油のこと。エッセンシャルオイルは、アロマセラピーで使用される、植物の花、葉、果皮、樹皮から抽出したオイル。エッセンシャルオイルは揮発性である。

N−アセチルシステイン
N-アセチルシステインはアミノ酸の一種で、抗酸化作用がある。N−アセチルシステインは、肝臓や肺の細胞機能を高めたり、細胞を活性酸素から守ったりする。N-アセチルシステインは体の免疫システムも強くする。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 21:49 | サプリメント用語・エ

エピカテキンガレート/エピガロカテキン/エピガロカテキンガレート/エフェドラ(マオウ・麻黄)

エピカテキンガレート
エピカテキンガレートは、お茶ポリフェノールであるカテキン成分の一つ。

エピガロカテキン
エピガロカテキンは、お茶ポリフェノールであるカテキン成分の一つ。

エピガロカテキンガレート
エピガロカテキンガレートはカテキンの成分の一つ。緑茶に含まれるポリフェノールは何種類かあるが、抗酸化作用が一番強いのがエピガロカテキンガレート。エピガロカテキンガレートの効果としては、コレステロールの低下、ガン抑制、肥満防止などの報告がある。

エフェドラ(マオウ・麻黄)
エフェドラとは、マオウ・麻黄のこと。マオウ科マオウ属。
エフェドラはハーブで、生薬として鎮咳、解熱、発汗剤などに使用されている。エフェドラは、ダイエットや筋肉増量目的のサプリメントに配合されていたが、アメリカでは危険な副作用が問題となり、販売禁止となった。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 21:47 | サプリメント用語・エ

エミューオイル/MGN−3/エラグ酸

エミューオイル
エミューはオーストラリア原産でダチョウによく似た鳥のことで、その鳥の脂肪から採れるオイルをエミューオイルという。エミューオイルの成分にはリノレン酸が多いので、関節炎の症状を緩和する。エミューオイルはやけどやケガの治りを早め、細かいシワを減らす効果もある。エミューオイルには、筋肉痛や捻挫を緩和する働きもある。

MGN−3
MGN−3とは、アラビノキシランのこと。MGN−3(アラビノキシラン)は、米ぬかの食物繊維をシイタケ菌で変性させたもののこと。MGN−3(アラビノキシラン)は血液中にある白血球の中のナチュラルキラー(NK)細胞などの免疫細胞を活性化する。

エラグ酸
エラグ酸は、赤ラズベリーに最も多く含まれており、イチゴやザクロなどにも含まれているポリフェノールの一種。エラグ酸は抗酸化力が強く、細胞の突然変異や発ガン物質を抑え、ガンを抑制する力を持っている。エラグ酸にはメラニンを作る酵素の働きを抑える作用があるため、美肌成分として化粧品に配合されている。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 21:44 | サプリメント用語・エ

Lアルギニン/Lカルニチン/Lグルタミン

Lアルギニン
Lアルギニンは、成長ホルモンの合成と、その放出に関わっているアミノ酸、アルギニンの天然の形。Lアルギニンには、男性の性的能力を高める効果や、免疫機能を高める効果、筋肉増強効果がある。Lアルギニンには血管を拡張する作用があり、血液の流れを良くするので、心疾患の症状を改善する効果もある。

Lカルニチン
Lカルニチンは、もともと人間の体内で造られている微量成分で、脂肪からエネルギーを取り出すために必要となる成分。Lカルニチンは体内で合成されるので、普通は不足しないが、妊娠中や授乳時は必要とする量が増える。Lカルニチンが特に不足していなくてもLカルニチンを摂ると体脂肪が燃焼することが報告されており、ダイエットに効果があるとしてテレビなどで人気となった。

Lグルタミン
Lグルタミンは、アルギニン、オルニチン、プロリンの3種類のアミノ酸から合成されている。Lグルタミンは、やけどなどの傷の治りを早めたり、病気や加齢から来る筋肉の減少を防ぎ、筋肉を維持しながら脂肪だけを落とす働きもある。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 21:41 | サプリメント用語・エ

LGG乳酸菌/エルダー/エルダーフラワー

LGG乳酸菌
LGG乳酸菌は、生きたまま腸に届き、善玉菌であるビフィズス菌が育つように、腸内の環境を整える。LGG乳酸菌は、腸内の悪玉菌の増殖を抑えるので、悪玉菌が作り出す有害物質や発ガン物質の生成を抑える。LGG乳酸菌は、アトピーや他のアレルギー性のぜんそく、花粉症等も軽減し、抗コレステロール、抗がんや、胃炎胃潰瘍、高血圧 歯周病等の予防、美肌などにも効果がある。

エルダー
エルダーとは、エルダーフラワーのこと。エルダーフラワーは、スイカズラ科ニワトコ属の落葉低木 。和名はセイヨウニワトコ。
エルダーフラワーのエキスは、カゼのひき始めに飲むサプリメントとして知られている。カゼやインフルエンザなどの初期症状(鼻水や涙目など)を軽減し、発熱時のカゼや花粉の時期に有効と言われている。

エルダーフラワー
エルダーフラワーは、スイカズラ科ニワトコ属の落葉低木 。エルダーフラワーの和名はセイヨウニワトコ。
エルダーフラワーのエキスは、カゼのひき始めに飲むサプリメントとして知られている。エルダーフラワーは、カゼやインフルエンザなどの初期症状(鼻水や涙目など)を軽減し、発熱時のカゼや花粉の時期に有効と言われている。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 21:38 | サプリメント用語・エ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。