アシュワガンダ/アスコルビン酸/アスタキサンチン

アシュワガンダ/アスコルビン酸/アスタキサンチン

アシュワガンダ
アシュワガンダは、ナス科の植物。インド伝統医学のアーユルベーダで利用されるハーブ。アシュワガンダの葉が薬草として用いられる。アシュワガンダは脳の血流を良くするので記憶力の増進やイライラなどを抑える効果がある。また、アシュワガンダには、滋養強壮、精力向上、免疫力強化、老化防止作用、抗炎症作用などがある。インディアンジンセンとも呼ばれる。

アスコルビン酸
アスコルビン酸とは、ビタミンCの正式な名称。アスコルビン酸(ビタミンC)は、新鮮な野菜・果物や緑茶などに含まれ、熱に弱く、すぐ分解してしまう。アスコルビン酸(ビタミンC)には強い還元作用があり、体内の酸化還元反応に関与し、抗酸化作用がある。コラーゲンの合成を助けるので皮膚や骨を丈夫にする。抗ストレス作用がある。アスコルビン酸(ビタミンC)が不足すると壊血病を起こしたり、疲れやすい、カゼをひきやすいなどの症状が出る。

アスタキサンチン
アスタキサンチンは、サケの切り身やイクラに含まれる赤色のカロチノイド系色素の一種。
アスタキサンチンは抗酸化力が強く、ビタミンEの約500〜1000倍、β−カロチンの約100倍あるといわれる。アスタキサンチンには、抗炎症、不眠症予防、動脈硬化抑制、痴呆症改善、ストレス抑制、老化防止、皮膚機能の向上などの効果がある。
posted by ケイ素で美肌にコラーゲン! at 15:13 | サプリメント用語・ア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。